画像: グラニースミス
グラニースミス
画像: ブラムリー
ブラムリー
画像: サワールージュ
サワールージュ
画像: 紅玉
紅玉

「甘いりんご」だけの
今に「NO!」

果実庭 桑原裕和はすっぱいりんごの可能性に挑戦しています。

2018年 酸っぱいりんご品種だけの畑 新植

「紅玉」はもちろん「ブラムリー」・「グラニースミス」・果肉の赤い「紅の夢」・
調理加工に適した「サワールージュ」これからも新たな品種を植えていきます。

プラムリー
食べる時期 8月下旬〜10月下旬
味の特徴 硬くて生で食べると強い酸味や渋みがある。
加熱調理すると果肉が柔らかくなるため
調理用リンゴとされている。
黄緑色
おすすめポイント 黄強烈な酸味はクセになります。
豚肉との相性が意外に良いです!
画像: ブラムリー
サワールージュ
食べる時期 9月下旬〜10月上旬
味の特徴 酸味の効いた甘味。爽やかな香り。
ジューシーな口当たり。
果実全面が濃紅な色
おすすめポイント サワールージュの強い酸味は、
アップルパイなどの調理加工にピッタリ!
宮城県では幻のりんごともされています。
画像: サワールージュ
紅玉
食べる時期 10月下旬〜11月下旬
味の特徴 酸味の効いた甘味。爽やかな香り。
ジューシーな口当たり。
鮮やかな濃赤色
おすすめポイント 日本の酸っぱいりんごの代名詞。
生でももちろんおいしいですが
煮ると高いポテンシャルを発揮します。
画像: 紅玉
グラニースミス
食べる時期 11月中旬
味の特徴 酸味が強い
黄緑色
おすすめポイント 海外では丸かじりされている品種です。
煮崩れしにくく、アップルパイに適しています
画像: グラニースミス